So-net無料ブログ作成

湿潤大陸性気候

冬の札幌市(2月中旬) 知床 札幌(Dfa)の雨温図 湿潤大陸性気候の世界的な分布(Dfa,Dwa,Dsa) 湿潤大陸性気候の世界的な分布(Dfb,Dwb,Dsb)湿潤大陸性気候(しつじゅんたいりくせいきこう)は、大陸性気候の一種。ケッペンの気候区分における気候区のひとつで冷帯に属する。元々ケッペンの気候区分には無かった気候区で、トレワーサが後になって修正した気候区分において考え出された気候区である。記号はDa(Dfa,Dwa,Dsaを含む)およびDb(Dfb,Dwb,Dsbを含む)。大陸性混合林気候と呼ぶこともある。特徴夏はかなり温暖で、冬は長く低温で、特に真冬は非常に寒い。気温の年較差は大きい。四季の変化がみられる。針葉樹林と広葉樹林の混合林が広がる。麦・小麦・豆・芋などの穀物の生産が多い。条件最寒月平均気温が-3℃未満。最暖月平均気温が22℃以上 または 最暖月平均気温が10℃以上22℃未満 かつ 月平均気温が10℃以上の月が4か月以上。年平均降水量が乾燥限界以上。上記は最低条件で、さらに以下の条件によって詳細に区分される。Da - 最暖月平均気温が22℃以上Db - 最暖月平均気温が10℃以上22℃未満 かつ 月平均気温10℃以上の月が4か月以上これらは降水パターンによりさらに分類される。Dwa/Dwb - 最多雨月が夏にあり、10×最少雨月降水量<最多月雨降水量Dsa/Dsb - 最多雨月が冬にあり、3×最少雨月降水量<最多月雨降水量 かつ 最少雨月降水量が30mm未満Dfa/Dfb - どちらでもない分布分布地域東アジア北部(華北や中国東北部、北海道の大部分)とシベリア沿海地方東アジア、中央アジア、西アジアの高原地帯東ヨーロッパから中央アジアにかけての平原(シベリア鉄道沿線域にあたる)アメリカ北東部からロッキー山脈付近カナダ南部主な分布都市Dfa札幌(日本)鹿角(日本)シカゴ(アメリカ・イリノイ州)デトロイト(アメリカ)Dwa瀋陽(中国)北京(中国)平壌(北朝鮮)ロストフ・ナ・ドヌ(ロシア)砂漠気候・ステップ気候に属することもある長春(中国)ハルビン(中国)ソウル(大韓民国)Dsaエレバン(アルメニア)Dfb釧路(日本)Dwbに属することもあるモスクワ(ロシア)オムスク(ロシア)ノボシビルスク(ロシア)タリン(エストニア)カウナス(リトアニア)ヘルシンキ(フィンランド)ミンスク(ベラルーシ)キエフ(ウクライナ)ウィニペグ(カナダ)モントリオール(カナダ)エドモントン(カナダ)ミズーラ(アメリカ)Dwbチチハル(中国)ウラジオストク(ロシア)ハバロフスク(ロシア)ダリネゴルスク(ロシア)Dsbスポーケン気候の特徴緯度が高い、標高が高い、寒流の影響を受ける、内陸のため海洋からの熱供給が少ないなどの理由で冷帯となった地域のうち、比較的年平均気温が高く、植物の植生期間の長い地域がこの気候区に分類される。降水量が多い地域は温帯、降水量が少ない地域は乾燥帯に隣接している。高緯度のため夏は太陽高度が低いが、日照時間が長いため、平均気温が10℃を超える月が4か月以上ある。そのためかなり暖かく、晴れた日には日中暑くなることがある。特に、華北 - 中国東北部やシベリア沿海地方、北海道など低緯度地域などでは温帯と同様の夏になるところもある。しかし、冬は日照時間が短く、平均気温が0度を下回り、寒さのきびしい日が続く。土壌と植生の特徴降水量が多い地域では針葉樹林と広葉樹林の混合林が広がる。降水量が少ない地域は短草草原となる。比較的肥沃な褐色森林土が最も広く分布している。降水量が少ない地域には黒色土、高緯度地域ではポドゾルなども分布している。産業の特徴・その他基本的に麦類(主に春小麦、ライ麦)・豆・芋などの穀物の生産が多い。酪農なども行われている。東アジアでは、北海道など比較的温和な地方に限り米の生産も行われている。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%BF%E6%BD%A4%E5%A4%A7%E9%99%B8%E6%80%A7%E6%B0%97%E5%80%99」より作成カテゴリ: 気候区分隠しカテゴリ: 気象学・気候学関連のスタブ項目

クメール語で日本のニュースを読む
神風特攻隊
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略

<ひき逃げ>運転手死亡 少年が出頭 千葉・八街(毎日新聞)

<ひき逃げ>運転手死亡 少年が出頭 千葉・八街(毎日新聞)

 16日午前2時55分ごろ、千葉県八街市八街ほの国道409号で乗用車が中央線を越え、対向してきた同県九十九里町真亀、トラック運転手、佐藤秀司さん(41)の原付きバイクをはねた。佐藤さんは全身を強く打って死亡。乗用車は民家のブロック塀に突っ込んだまま乗り捨てられ、乗っていた若い男2人は逃げた。車には偽造ナンバーが付いていた。

 県警佐倉署によると、数時間後、近くの交番に少年(16)が「助手席に乗っていた」と出頭した。同署はひき逃げ事件として、もう1人の少年から事情を聴く。現場は片側1車線の直線。【森有正】

【関連ニュース】
ひき逃げ:小学生2人重軽傷 横断歩道青で通行中 仙台
ひき逃げ:60歳女性死亡、現場に車の塗膜片 岐阜の県道
ひき逃げ:容疑のバス運転手逮捕、自転車の男性死亡 東京
飲酒ひき逃げ:容疑で国税調査官逮捕 静岡
沖縄ひき逃げ:米兵が「自分がはねたかもしれない」

カタルーニャ語で日本のニュースを読む
審査の厳しい最近のキャッシング事情
ネイルサロン
クレジットカード現金化 即日
パチンコ攻略

ヒラタグモ

ヒラタグモ(平蜘蛛)は、名の通り偏平なクモである。人家の壁面などに巣を作っているのを見かける。特徴ヒラタグモ (Uroctea compactillis L. Koch) は、節足動物門クモ綱クモ目ヒラタグモ科 (Urocteidae) に属する中型のクモで、名前の通りに平らなクモである。腹部にはっきりとした黒い斑紋があり、また、特徴的な巣を作るので、見分けやすいクモである。人家に生息することが多く、身近なクモでもある。ただし、常に巣にこもっていて出歩かないので、知らない人も多いであろう。頭胸部は卵形で偏平、八個の眼は先端近くの背面に集まる。足はほぼ中程度だが、第一・第二脚が前へ伸びながら先端がやや外向けに開く。頭胸部と足はほぼ黄褐色。腹部は後ろが尖ったホームベース型っぽい形で、やはり偏平。外縁は黒く、内側は真っ白で、その中央に大きな黒い斑紋がある。まれに腹部に斑紋を全くもたない個体がある。体長は8-10mm、形は雌雄ほぼ同じで、やや雄の方がきゃしゃにできている。習性 巣・角に張った例 周囲に受信糸が見えるヒラタグモの巣はテント型と言われることもある。巣は雨のあまり当たらない平らな広い面の上に作られる。外見はほぼ円形で中央が少し盛り上がる。輪郭は多数の突起を出していて、粗い歯車の形。この突起からは糸が出ていて、周囲の表面に張り付いている。また、巣の表面は、周囲のゴミ等をその表面につけて、周囲の色と紛らわしくなっている。巣その物は糸を重ねて作られた膜からなる。このような膜が二枚重なったものが巣の本体であり、クモはその二枚の隙間に入っている。上面の膜をはがすと、底面の膜の上にクモがいるのを見ることができる。二枚の膜の隙間からクモは出入り可能である。巣の外側の所々から壁面に糸が伸びる。この張られた糸は、ややジグザグになりながら巣から放射状に広がり、その面に張り付いたようになっている。この糸を受信糸と言い、これに昆虫等が引っ掛かると、振動が巣にいるクモに伝わることで、クモはえさの接近を知ることができる。えさが近づくとクモは巣から飛び出し、えさに食いついて巣に持ち込むか、えさの周囲をぐるぐる回りながら糸をかけ、動きを封じた後に噛み付いて巣に持ち込む。産卵は春から秋に散発的に行われる。卵は巣の中に柔らかな糸でくるんだ卵塊として生み付けられる。生息環境人家に見られることが多い。特に古い家屋でよく見られ、土壁に広く受信糸を張り広げるのを見かけることがよくある。野外では、あまり雨のあたらないようになった岩壁などに見かける。類似種外見的にはっきりした特徴があり、日本では他に間違えそうなものはない。ただし、チリグモはその姿、網の張り方が共に非常に似ている。しかし大きさがはるかに小さく、成体でも3mm程度、目だった斑紋もなく、全身が灰色をしている。なお、この両者はヒラタグモが篩板を持たず、チリグモは持っているため、かつては系統的には離れており、類似性は他人のそら似(収斂進化)だとする判断から別個の科とされていた。しかし篩板の意味の見直しのため、同一系統として両者をチリグモ科に含めることが多くなっている。しかし、たとえば小野(2009)はやはり篩板の存在はそれなりに大きいとして、ヒラタグモ科を認めており、その扱いは確定していない。慣用句平蜘蛛は「ひらぐも」又は「ひらくも」とも呼ばれ、比喩的に平身低頭になって詫びる様を「平蜘蛛になって謝る」という。参考文献八木沼健夫,『原色日本クモ類図鑑』,保育社小野展嗣編著、『日本産クモ類』、(2009)、東海大学出版会 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%A2」より作成カテゴリ: クモヒラタグモ(平蜘蛛)は、名の通り偏平なクモである。人家の壁面などに巣を作っているのを見かける。特徴ヒラタグモ (Uroctea compactillis L. Koch) は、節足動物門クモ綱クモ目ヒラタグモ科 (Urocteidae) に属する中型のクモで、名前の通りに平らなクモである。腹部にはっきりとした黒い斑紋があり、また、特徴的な巣を作るので、見分けやすいクモである。人家に生息することが多く、身近なクモでもある。ただし、常に巣にこもっていて出歩かないので、知らない人も多いであろう。頭胸部は卵形で偏平、八個の眼は先端近くの背面に集まる。足はほぼ中程度だが、第一・第二脚が前へ伸びながら先端がやや外向けに開く。頭胸部と足はほぼ黄褐色。腹部は後ろが尖ったホームベース型っぽい形で、やはり偏平。外縁は黒く、内側は真っ白で、その中央に大きな黒い斑紋がある。まれに腹部に斑紋を全くもたない個体がある。体長は8-10mm、形は雌雄ほぼ同じで、やや雄の方がきゃしゃにできている。習性 巣・角に張った例 周囲に受信糸が見えるヒラタグモの巣はテント型と言われることもある。巣は雨のあまり当たらない平らな広い面の上に作られる。外見はほぼ円形で中央が少し盛り上がる。輪郭は多数の突起を出していて、粗い歯車の形。この突起からは糸が出ていて、周囲の表面に張り付いている。また、巣の表面は、周囲のゴミ等をその表面につけて、周囲の色と紛らわしくなっている。巣その物は糸を重ねて作られた膜からなる。このような膜が二枚重なったものが巣の本体であり、クモはその二枚の隙間に入っている。上面の膜をはがすと、底面の膜の上にクモがいるのを見ることができる。二枚の膜の隙間からクモは出入り可能である。巣の外側の所々から壁面に糸が伸びる。この張られた糸は、ややジグザグになりながら巣から放射状に広がり、その面に張り付いたようになっている。この糸を受信糸と言い、これに昆虫等が引っ掛かると、振動が巣にいるクモに伝わることで、クモはえさの接近を知ることができる。えさが近づくとクモは巣から飛び出し、えさに食いついて巣に持ち込むか、えさの周囲をぐるぐる回りながら糸をかけ、動きを封じた後に噛み付いて巣に持ち込む。産卵は春から秋に散発的に行われる。卵は巣の中に柔らかな糸でくるんだ卵塊として生み付けられる。生息環境人家に見られることが多い。特に古い家屋でよく見られ、土壁に広く受信糸を張り広げるのを見かけることがよくある。野外では、あまり雨のあたらないようになった岩壁などに見かける。類似種外見的にはっきりした特徴があり、日本では他に間違えそうなものはない。ただし、チリグモはその姿、網の張り方が共に非常に似ている。しかし大きさがはるかに小さく、成体でも3mm程度、目だった斑紋もなく、全身が灰色をしている。なお、この両者はヒラタグモが篩板を持たず、チリグモは持っているため、かつては系統的には離れており、類似性は他人のそら似(収斂進化)だとする判断から別個の科とされていた。しかし篩板の意味の見直しのため、同一系統として両者をチリグモ科に含めることが多くなっている。しかし、たとえば小野(2009)はやはり篩板の存在はそれなりに大きいとして、ヒラタグモ科を認めており、その扱いは確定していない。慣用句平蜘蛛は「ひらぐも」又は「ひらくも」とも呼ばれ、比喩的に平身低頭になって詫びる様を「平蜘蛛になって謝る」という。参考文献八木沼健夫,『原色日本クモ類図鑑』,保育社小野展嗣編著、『日本産クモ類』、(2009)、東海大学出版会 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%A2」より作成カテゴリ: クモ

emobile2のblog
サンゴ語って知ってますか?
ライブチャット
競馬情報
2ショットチャット

バーチャルコンソール

バーチャルコンソール (virtual console)仮想コンソール。この場合のコンソールは操作卓(ディスプレイ、キーボード、マウス)を指す。任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」における、旧機種用ゲームソフトのダウンロード配信サービス。この場合のコンソールは家庭用ゲーム機を指す。本項で詳述。Wii?> バーチャルコンソールバーチャルコンソール (Virtual Console) とは任天堂の据置き型ゲーム機であるWiiを対象とする、かつて発売されていた一部のコンピュータゲームや、かつて設置されていた一部のアーケードゲームをダウンロードし、遊ぶことができるサービスである。バーチャルコンソールで配信されているソフトをダウンロードするには、Wii本体をインターネットに接続する必要がある。2007年10月10日に開催された「任天堂カンファレス 2007.秋」において、全世界での総ダウンロード数が780万に達していると発表された。概要Wiiはハードウェア面において、ニンテンドーゲームキューブ以外のハードウェアおよびソフトウェアの互換性を持っていないため、エミュレータを用いて仮想的(バーチャル)にゲーム機(コンソール)を再現して動作させる。現在、日本国内において、以下のゲーム機用のソフトが配信中である。ファミリーコンピュータ(ディスクシステムも含む)スーパーファミコン(書き換えのニンテンドウパワーも含む)NINTENDO64(メモリー拡張パック専用ソフトも含む)メガドライブ(海外版のGenesisも含む)マスターシステム(互換性を持つセガ・マークIII、ゲームギア、海外版のSega Master Systemも含む)PCエンジン(CD-ROM押?SUPER CD-ROM押?PCエンジンスーパーグラフィックス、海外版のTurboGrafx-16も含む)NEOGEOMSX(MSX2も含む)アーケードゲーム(「バーチャルコンソールアーケード」の名称として配信)なお、日本国外(韓国除く)ではこれに加えてコモドール64のソフトが配信されている。メガドライブ、マスターシステム、PCエンジン用ソフトの配信については、それぞれのハードに深く関わったメーカーであるセガ並びにハドソンとの提携により実現した。MSXについては多くのMSXゲームをネット上で配信するプロジェクトEGGやi-revoを行っているD4エンタープライズが参入を表明したことにより可能となっている。NEOGEOについては、かつてNEOGEOを販売し、その後倒産してしまった会社SNKの版権を受け継いだSNKプレイモアが参入したことにより可能となった[1]。ソフトはインターネットを利用したダウンロード販売形式となっている。そのため、「ロムカセット」の形態で販売される中古ソフトのように売り切れの心配がなく、いつでも購入できる。ソフトは全て有償となっており、一部のソフトは景品として無償で提供されると発表されたが、現在のところ実際に無償で提供されたソフトはなく、予定もされていない(料金体系については#課金を参照)。ただし、「インターネットチャンネル」の無償化に伴い、このチャンネルを有料でダウンロードしたユーザーには500Wiiポイント相当のファミコン用ソフトが1本無料でダウンロードでき、また他のユーザーのWiiインターネット接続を10台行い「手助けマイスター10」になったものについては任天堂製のファミコン用ソフトが、20台行い「手助けマイスター20」になったものに対しては全てのサードパーティー製を含めてファミコン、スーパーファミコン、NINTENDO64用ソフトがすべて無料となる。また『大乱闘スマッシュブラザーズX』には、時間制限付きの体験版として一部のソフトが収録されている。2009年8月現在、日本国内ゲーム製作会社34社(任天堂含む)と日本国外ゲーム製作会社2社がバーチャルコンソールのソフト供給に参入している(詳細は#ソフト配信参入メーカー一覧を参照)。任天堂の据え置きゲーム機で「ゲームソフトを配信する」というシステムは、スーパーファミコンの周辺機器であるサテラビューがあった[2]。なお、Wiiにおいても、過去のゲームを配信する本サービスの他に、完全な新作ソフトを配信するサービス「Wiiウェア」が2008年3月に開始されている。ソフト主に旧ハードでヒットした作品、評価された作品、ハードにとって歴史的な作品を中心に配信されており、中には後年に至るまで長年の間陽の目を見なかったマイナーゲームや現在においてもクソゲーと呼ばれるようなカルト的人気を誇るものや海外でしか発売されなかったものまで幅広く配信されている。NINTENDO64用のソフトの中には、「振動パック対応」「コントローラパック対応」「64GBパック対応」の表示が含まれている場合があるが、いずれも対応していない。一部のNINTENDO64用のソフトの中にはHOMEメニューを起動して閉じると読み込みが起こるソフトがある(マリオストーリーなど)。メガドライブ、PCエンジン用ソフトには5人プレイ可能な作品もあるが、Wiiリモコンは4つまでしか接続できないため、別途ゲームキューブ用コントローラが必要になる(必要なGC用コントローラの数 = 5 - 接続しているWiiリモコンの数)。データレコーダー(ファミコン)、バックアップユニット(PCエンジン)対応ソフトは、周辺機器を用いることなくWii本体にデータ保存が可能となっている。MSX用ソフトの全てはUSBキーボードに対応しており、キーボードでゲームを遊ぶことができる。配信タイトル一覧日本国内でバーチャルコンソールで配信されているタイトルについては、バーチャルコンソールのゲームタイトル一覧、Category:バーチャルコンソール対応ソフト、または任天堂ホームページ内にあるバーチャルコンソール タイトルラインナップを参照。日本国外については以下のリンクを参照。en:List of Virtual Console games (North America) アメリカ地域en:List of Virtual Console games (Europe) ヨーロッパ地域en:List of Virtual Console games (Australia) オーストラリア・ニュージーランド地域en:List of Virtual Console games (South Korea) 韓国地域キャラクターゲーム・タレントゲーム旧ハードのゲームには、本来ゲームのキャラクターではない漫画・アニメ・特撮・映画などのキャラクターを起用したキャラクターゲームや、実在の芸能人などを起用したタレントゲームも多数含まれているが、発売から10年以上経過したことで版元の事情やライセンスの方針が大きく変わり、タレントゲームにおいては肖像権の問題で許諾を得るのが難しくなっていることもあるため、あまり多く配信されていない[3]。2009年9月時点で日本国内において配信中のキャラクターゲーム・タレントゲームは、以下の9タイトルになっている。著作権、肖像権が製作元に属す作品『ポケモンスナップ』 - アニメ『ポケットモンスター』のキャラクターが登場する作品。『高橋名人の冒険島』、『高橋名人の新冒険島』 - 高橋名人をモデルにしたキャラクターが登場する作品。『トランスフォーマー コンボイの謎』 - アニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』を原作とする作品。『ZOIDS黙示録』 - 『ゾイド』を原作とする作品。新たに版権元、芸能人本人より許諾を得て配信されている作品『北斗の拳』(セガ・マークIII版)、『北斗の拳 新世紀末救世主伝説』 - 漫画『北斗の拳』を原作とする作品。『激亀忍者伝』 - 漫画『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』を原作とする作品。『たけしの挑戦状』 - ビートたけしをモデルにしたキャラクターが登場し、たけし本人が監修した作品。ソフトの再現度バーチャルコンソールのソフトは原作のソフトを忠実に再現したものであり、内容の変更は基本的にはされていない。すでに他機種でリメイクされ、その際に変更が加えられたソフト(『スーパードンキーコング2』など)もオリジナル版が再現されている。バグもいくつかそのまま再現されており、実機で可能だった裏技も使用できる場合が多い。ただし、Wii本体のシステムに影響を及ぼしたり、プレイに支障をきたしたりするような大きなバグは削除されている。なお、様々な事情により以下の変更がされているソフトが存在する。点滅表現・明度などの変更ポケモンショック(1997年)以前は、アニメ・コンピュータゲームの画面における点滅の表現に対し、特に明確な規制は敷かれていなかったが、同事件を機にアニメ・ゲームで使用される画面の点滅が厳しく規制されるようになったことから、点滅表現に用いられる色が1色となったり[4]、点滅速度が遅くなったり[5]するなどの変更がされている。またファミコンで使用できる内蔵色は原色が中心で発光性が強いため、ゲーム全編において明度が下げられているものが多い。また、激しい点滅があまりにも長い場合は、そのシーンが削除されていることもある。[6]差別用語などの修正当時は問題なく使われていたが、時代の流れによる倫理の変化に伴い、問題が発生した言葉や差別用語となった言葉などは修正されている。例えば『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』では「ひどいぶす」「じょしだいせいねずみ」の表現が変更され、『たけしの挑戦状』では「どじんのいえ」が「げんちのいえ」に変更、『ソーサリアン』では「かんごふ」が「ナース」に、「こじき」が「むしょく」に変更、『ファイナルファンタジーII』では「もうもく」が「くらやみ」に変更、『超絶倫人ベラボーマン』では「コバタ」が「タバタ」に変更されている。移植元ハード固有の機能の代替ファミコンディスクシステムのゲームはディスクの読み込み時間が軽減され、A面とB面の入れ替えや前後編2枚組タイトルの交換が不要になっている。また、ファミコンのマイク機能を使用する『たけしの挑戦状』では、マイクで歌う部分がWiiリモコンのBボタンで操作する仕様に変更されている。PCエンジンのCD-ROMタイトルのCD-DA部分は配信するには容量が大きすぎるため、音声圧縮によって収録されている。またCDの読み込み時間が軽減されている。『アトラス』はアーケードカード対応モードとなり、バーチャルコンソール版はマウス非対応のため、マウス切り替えボタンが操作に割り振られていない。メガドライブの『ソニック&ナックルズ』ではロックオンシステムを再現する為、既にソニック1、2、3のどれかをダウンロードしている場合、メニュー画面でロックオンシステムを使用することが出来る。権利上の問題などによる変更ライセンスの契約上の問題より、当時タイアップ関係にあった特定の企業名や商標名が削除され、中には他のものに置き換えられているケースもある。例えば『ジョイメカファイト』における雑誌『ファミコン通信』(現『ファミ通』)の広告が削除、『ウエーブレース64』では川崎重工業およびファンタの広告がWiiとニンテンドーDSに変更されている。また『燃えろ!!プロ野球』では、肖像権の兼ね合いにより選手名が架空のものに変更されている。『ボンジャック(AC版)』ではゲーム中のBGMがファミコン版マイティボンジャックのBGMをアレンジした物に差し替えられた。メーカー(権利者)と著作権表記の変更メーカーの倒産・合併・経営統合・著作権(版権)の譲渡[7]や事業の再編などにより、現在とは異なる社名のままになっているのも多いが、一部のタイトルで著作権(権利者)表記が変更されているのもある。PCエンジンの『デッドムーン 月世界の悪夢』のタイトル画面では当時の販売元であった「T.S.S」というメーカー名表記が「NATSUME」になっていたり、バンダイナムコゲームス(ナムコ)から発売されたアーケードゲームでは、タイトル画面の著作権表記が「? (稼働年)NAMCO」から「? (稼働年) 2009 NBGI namco」のように変更されているものもある(これはナムコミュージアムでも同じ)。また『ゼルダの伝説』、『リンクの冒険』はゲームキューブ用の非売品ソフト『ゼルダコレクション』に収録されているバージョンをベースにしているため、タイトル画面の西暦表記が「1986」(ゼルダ)、「1987」(リンク)からそれぞれ「1986-2004」「1987-2004」へと変更されている。新機能の追加Wiiの機能を生かした新しい機能が追加されている。『レッキングクルー』のデザインモードの作成操作における便利機能、『ポケモンスナップ』での撮った写真をWii伝言板で貼り付ける機能などが該当する。『ファミコンウォーズ』ではWiiリモコンのAボタンを押している間、コンピュータの思考時間や音声を含む全ての動作を早くする「加速モード」が追加された。また弁慶外伝ではメッセージ調整出来るようになっている。画面解像度はアップコンバート処理により640×480(VGA)に引き上げられており、またNEOGEO以外のタイトルはプログレッシブ出力にも対応している。CERO審査バーチャルコンソールでダウンロードできるソフトは、いずれもCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)発足前に発売されたソフトであるが、配信時に全てのソフトが改めて審査を受けている。B区分(12才以上対象)C区分(15才以上対象)D区分(17才以上対象)その他のソフトは全てA区分(全年齢対象)となっており、2009年9月現在Z区分(18才以上のみ対象)や、教育・データベース区分のソフトは配信されていない。ソフトの購入バーチャルコンソールのソフトは全て『Wiiショッピングチャンネル』で購入・ダウンロードする。ソフトを購入し、ダウンロードするまでの流れは次の通り。なお、ソフトを購入し他のWiiへプレゼントするプレゼント機能についてはWiiショッピングチャンネル#プレゼント機能を参照。『Wiiショッピングチャンネル』を起動。「ショッピングへ」を選択。「バーチャルコンソール」を選択。4種類の検索方法(ワード検索、会社別検索など)から購入したいソフトを探し、選択。「購入」を選択(ペアレンタルコントロールを設定している場合は、ここで設定した暗証番号を入力する)。ソフトの保存先(「Wii本体保存メモリ」もしくは「SDカード」)を選択。対応コントローラとそのソフトに関する注意点を確認後、「OK」を選択。購入に必要なWiiポイントとソフトの保存に必要なブロック数を確認した後、「はい」を選択。購入処理が完了し、ダウンロードが開始される(ダウンロードの時間はソフトの容量・接続環境により異なる)。ダウンロード中はマリオ、またはルイージが登場し、拾ったコイン数でダウンロードの進行状況が分かるようになっている[8]。ダウンロード画面は6種類のパターンが用意されている。なおダウンロード画面のパターンの1つに、ダウンロード中にボタンを押すとマリオが反応してファイアボールを投げるものがある。課金(料金体系)バーチャルコンソールの有料ソフト購入の支払いには、Wiiポイントを使用する。ソフトの価格は機種ごとに固定されている訳ではなく、ソフトによって上下する。ファミリーコンピュータ(ディスクシステムも含む)用ソフト:500 - 600 ポイントスーパーファミコン(書き換えのニンテンドウパワーも含む)用ソフト:800 - 1,000 ポイントNINTENDO64(メモリー拡張パック専用ソフトも含む)用ソフト:1,000 - 1,200 ポイントメガドライブ(海外版のGenesisも含む)用ソフト:600 - 700 ポイント(日本国外では800 - 900 ポイント)マスターシステム(互換性を持つセガ・マークIII、ゲームギアも含む)用ソフト:500 - 600 ポイントPCエンジン(PCエンジンスーパーグラフィックス対応および専用、海外版のTurboGrafx-16も含む)用ソフト:600 ポイント CD-ROM押?SUPER CD-ROM押淵◆璽院璽疋?璽病弍?盍泙燹僕僖愁侫函?800 ポイントMSX(MSX2も含む)用ソフト:700 - 800 ポイントNEOGEO用ソフト:900 ポイントバーチャルコンソールアーケード用ソフト:500 - 800ポイント上記の必要Wiiポイントは日本で配信されているタイトルのもので、配信される地域によって多少上下するソフトもある。一度購入手続きを行いダウンロードしたソフトは、削除しても無料で再ダウンロードすることができる。バーチャルコンソールで配信されているソフトの価格は「高い」と指摘されることもある。これは、多くのソフトは中古ショップで上記の価格よりも安く売られていることが理由とされるが、プレミアがついて希望小売価格より高い価格で取引されているソフトもあるので、一概に高いとは言い切れない。また、中古ソフトは不安定な供給や老朽化によるゲーム機本体の確保の困難[9]、将来の動作保証の問題もあるので、単純に価格のみで高い安いを比べることはできない。また、中古ソフトはバッテリーバックアップ用の電池切れを起こしている事も多く、その場合は電池交換をしない限りセーブは不可能であることを考えると、不安要素は取り除かれている。保存先ダウンロードしたソフトは、Wii本体内蔵フラッシュメモリもしくはSDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存する。Wii本体内蔵フラッシュメモリに保存した場合はWiiメニュー、SDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存した場合はSDカードメニューから起動する。なお、SDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存したソフトを他のWii本体で使用することはできない。Wii本体にゲームキューブ用メモリーカードを差し込む事が出来るが、バーチャルコンソールソフトのデータ保存は出来ない。現時点では、購入したソフトおよびWiiショッピングチャンネルのアカウントは、他のWii本体に移行させることはできない(故障した本体の修理・交換対応の場合を除く)。コントローラ使用するコントローラは、各プラットホーム毎に対応・非対応が異なるが、Wiiリモコンヌンチャククラシックコントローラクラシックコントローラ PROゲームキューブコントローラUSBキーボードが使用可能である。いずれもオリジナルのコントローラとは形状が異なるため、当時の操作性が完全に再現されているわけではないが、2008年にスーパーファミコンコントローラの復刻版がクラブニンテンドーの景品として配布されたほか、エクサーからはネオジオコントローラの復刻版が発売されている。復刻コントローラを参照。バーチャルコンソールアーケードでは新たにヌンチャクにも対応したほか、ポインティングや傾き感知といったWiiリモコンおよびヌンチャクの機能を用いてアーケード版に近い(もしくはアーケード版にすらなかった)操作に対応したソフトもある。コントローラ対応表【記号バーチャルコンソール (virtual console)仮想コンソール。この場合のコンソールは操作卓(ディスプレイ、キーボード、マウス)を指す。任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」における、旧機種用ゲームソフトのダウンロード配信サービス。この場合のコンソールは家庭用ゲーム機を指す。本項で詳述。Wii?> バーチャルコンソールバーチャルコンソール (Virtual Console) とは任天堂の据置き型ゲーム機であるWiiを対象とする、かつて発売されていた一部のコンピュータゲームや、かつて設置されていた一部のアーケードゲームをダウンロードし、遊ぶことができるサービスである。バーチャルコンソールで配信されているソフトをダウンロードするには、Wii本体をインターネットに接続する必要がある。2007年10月10日に開催された「任天堂カンファレス 2007.秋」において、全世界での総ダウンロード数が780万に達していると発表された。概要Wiiはハードウェア面において、ニンテンドーゲームキューブ以外のハードウェアおよびソフトウェアの互換性を持っていないため、エミュレータを用いて仮想的(バーチャル)にゲーム機(コンソール)を再現して動作させる。現在、日本国内において、以下のゲーム機用のソフトが配信中である。ファミリーコンピュータ(ディスクシステムも含む)スーパーファミコン(書き換えのニンテンドウパワーも含む)NINTENDO64(メモリー拡張パック専用ソフトも含む)メガドライブ(海外版のGenesisも含む)マスターシステム(互換性を持つセガ・マークIII、ゲームギア、海外版のSega Master Systemも含む)PCエンジン(CD-ROM押?SUPER CD-ROM押?PCエンジンスーパーグラフィックス、海外版のTurboGrafx-16も含む)NEOGEOMSX(MSX2も含む)アーケードゲーム(「バーチャルコンソールアーケード」の名称として配信)なお、日本国外(韓国除く)ではこれに加えてコモドール64のソフトが配信されている。メガドライブ、マスターシステム、PCエンジン用ソフトの配信については、それぞれのハードに深く関わったメーカーであるセガ並びにハドソンとの提携により実現した。MSXについては多くのMSXゲームをネット上で配信するプロジェクトEGGやi-revoを行っているD4エンタープライズが参入を表明したことにより可能となっている。NEOGEOについては、かつてNEOGEOを販売し、その後倒産してしまった会社SNKの版権を受け継いだSNKプレイモアが参入したことにより可能となった[1]。ソフトはインターネットを利用したダウンロード販売形式となっている。そのため、「ロムカセット」の形態で販売される中古ソフトのように売り切れの心配がなく、いつでも購入できる。ソフトは全て有償となっており、一部のソフトは景品として無償で提供されると発表されたが、現在のところ実際に無償で提供されたソフトはなく、予定もされていない(料金体系については#課金を参照)。ただし、「インターネットチャンネル」の無償化に伴い、このチャンネルを有料でダウンロードしたユーザーには500Wiiポイント相当のファミコン用ソフトが1本無料でダウンロードでき、また他のユーザーのWiiインターネット接続を10台行い「手助けマイスター10」になったものについては任天堂製のファミコン用ソフトが、20台行い「手助けマイスター20」になったものに対しては全てのサードパーティー製を含めてファミコン、スーパーファミコン、NINTENDO64用ソフトがすべて無料となる。また『大乱闘スマッシュブラザーズX』には、時間制限付きの体験版として一部のソフトが収録されている。2009年8月現在、日本国内ゲーム製作会社34社(任天堂含む)と日本国外ゲーム製作会社2社がバーチャルコンソールのソフト供給に参入している(詳細は#ソフト配信参入メーカー一覧を参照)。任天堂の据え置きゲーム機で「ゲームソフトを配信する」というシステムは、スーパーファミコンの周辺機器であるサテラビューがあった[2]。なお、Wiiにおいても、過去のゲームを配信する本サービスの他に、完全な新作ソフトを配信するサービス「Wiiウェア」が2008年3月に開始されている。ソフト主に旧ハードでヒットした作品、評価された作品、ハードにとって歴史的な作品を中心に配信されており、中には後年に至るまで長年の間陽の目を見なかったマイナーゲームや現在においてもクソゲーと呼ばれるようなカルト的人気を誇るものや海外でしか発売されなかったものまで幅広く配信されている。NINTENDO64用のソフトの中には、「振動パック対応」「コントローラパック対応」「64GBパック対応」の表示が含まれている場合があるが、いずれも対応していない。一部のNINTENDO64用のソフトの中にはHOMEメニューを起動して閉じると読み込みが起こるソフトがある(マリオストーリーなど)。メガドライブ、PCエンジン用ソフトには5人プレイ可能な作品もあるが、Wiiリモコンは4つまでしか接続できないため、別途ゲームキューブ用コントローラが必要になる(必要なGC用コントローラの数 = 5 - 接続しているWiiリモコンの数)。データレコーダー(ファミコン)、バックアップユニット(PCエンジン)対応ソフトは、周辺機器を用いることなくWii本体にデータ保存が可能となっている。MSX用ソフトの全てはUSBキーボードに対応しており、キーボードでゲームを遊ぶことができる。配信タイトル一覧日本国内でバーチャルコンソールで配信されているタイトルについては、バーチャルコンソールのゲームタイトル一覧、Category:バーチャルコンソール対応ソフト、または任天堂ホームページ内にあるバーチャルコンソール タイトルラインナップを参照。日本国外については以下のリンクを参照。en:List of Virtual Console games (North America) アメリカ地域en:List of Virtual Console games (Europe) ヨーロッパ地域en:List of Virtual Console games (Australia) オーストラリア・ニュージーランド地域en:List of Virtual Console games (South Korea) 韓国地域キャラクターゲーム・タレントゲーム旧ハードのゲームには、本来ゲームのキャラクターではない漫画・アニメ・特撮・映画などのキャラクターを起用したキャラクターゲームや、実在の芸能人などを起用したタレントゲームも多数含まれているが、発売から10年以上経過したことで版元の事情やライセンスの方針が大きく変わり、タレントゲームにおいては肖像権の問題で許諾を得るのが難しくなっていることもあるため、あまり多く配信されていない[3]。2009年9月時点で日本国内において配信中のキャラクターゲーム・タレントゲームは、以下の9タイトルになっている。著作権、肖像権が製作元に属す作品『ポケモンスナップ』 - アニメ『ポケットモンスター』のキャラクターが登場する作品。『高橋名人の冒険島』、『高橋名人の新冒険島』 - 高橋名人をモデルにしたキャラクターが登場する作品。『トランスフォーマー コンボイの謎』 - アニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』を原作とする作品。『ZOIDS黙示録』 - 『ゾイド』を原作とする作品。新たに版権元、芸能人本人より許諾を得て配信されている作品『北斗の拳』(セガ・マークIII版)、『北斗の拳 新世紀末救世主伝説』 - 漫画『北斗の拳』を原作とする作品。『激亀忍者伝』 - 漫画『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』を原作とする作品。『たけしの挑戦状』 - ビートたけしをモデルにしたキャラクターが登場し、たけし本人が監修した作品。ソフトの再現度バーチャルコンソールのソフトは原作のソフトを忠実に再現したものであり、内容の変更は基本的にはされていない。すでに他機種でリメイクされ、その際に変更が加えられたソフト(『スーパードンキーコング2』など)もオリジナル版が再現されている。バグもいくつかそのまま再現されており、実機で可能だった裏技も使用できる場合が多い。ただし、Wii本体のシステムに影響を及ぼしたり、プレイに支障をきたしたりするような大きなバグは削除されている。なお、様々な事情により以下の変更がされているソフトが存在する。点滅表現・明度などの変更ポケモンショック(1997年)以前は、アニメ・コンピュータゲームの画面における点滅の表現に対し、特に明確な規制は敷かれていなかったが、同事件を機にアニメ・ゲームで使用される画面の点滅が厳しく規制されるようになったことから、点滅表現に用いられる色が1色となったり[4]、点滅速度が遅くなったり[5]するなどの変更がされている。またファミコンで使用できる内蔵色は原色が中心で発光性が強いため、ゲーム全編において明度が下げられているものが多い。また、激しい点滅があまりにも長い場合は、そのシーンが削除されていることもある。[6]差別用語などの修正当時は問題なく使われていたが、時代の流れによる倫理の変化に伴い、問題が発生した言葉や差別用語となった言葉などは修正されている。例えば『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』では「ひどいぶす」「じょしだいせいねずみ」の表現が変更され、『たけしの挑戦状』では「どじんのいえ」が「げんちのいえ」に変更、『ソーサリアン』では「かんごふ」が「ナース」に、「こじき」が「むしょく」に変更、『ファイナルファンタジーII』では「もうもく」が「くらやみ」に変更、『超絶倫人ベラボーマン』では「コバタ」が「タバタ」に変更されている。移植元ハード固有の機能の代替ファミコンディスクシステムのゲームはディスクの読み込み時間が軽減され、A面とB面の入れ替えや前後編2枚組タイトルの交換が不要になっている。また、ファミコンのマイク機能を使用する『たけしの挑戦状』では、マイクで歌う部分がWiiリモコンのBボタンで操作する仕様に変更されている。PCエンジンのCD-ROMタイトルのCD-DA部分は配信するには容量が大きすぎるため、音声圧縮によって収録されている。またCDの読み込み時間が軽減されている。『アトラス』はアーケードカード対応モードとなり、バーチャルコンソール版はマウス非対応のため、マウス切り替えボタンが操作に割り振られていない。メガドライブの『ソニック&ナックルズ』ではロックオンシステムを再現する為、既にソニック1、2、3のどれかをダウンロードしている場合、メニュー画面でロックオンシステムを使用することが出来る。権利上の問題などによる変更ライセンスの契約上の問題より、当時タイアップ関係にあった特定の企業名や商標名が削除され、中には他のものに置き換えられているケースもある。例えば『ジョイメカファイト』における雑誌『ファミコン通信』(現『ファミ通』)の広告が削除、『ウエーブレース64』では川崎重工業およびファンタの広告がWiiとニンテンドーDSに変更されている。また『燃えろ!!プロ野球』では、肖像権の兼ね合いにより選手名が架空のものに変更されている。『ボンジャック(AC版)』ではゲーム中のBGMがファミコン版マイティボンジャックのBGMをアレンジした物に差し替えられた。メーカー(権利者)と著作権表記の変更メーカーの倒産・合併・経営統合・著作権(版権)の譲渡[7]や事業の再編などにより、現在とは異なる社名のままになっているのも多いが、一部のタイトルで著作権(権利者)表記が変更されているのもある。PCエンジンの『デッドムーン 月世界の悪夢』のタイトル画面では当時の販売元であった「T.S.S」というメーカー名表記が「NATSUME」になっていたり、バンダイナムコゲームス(ナムコ)から発売されたアーケードゲームでは、タイトル画面の著作権表記が「? (稼働年)NAMCO」から「? (稼働年) 2009 NBGI namco」のように変更されているものもある(これはナムコミュージアムでも同じ)。また『ゼルダの伝説』、『リンクの冒険』はゲームキューブ用の非売品ソフト『ゼルダコレクション』に収録されているバージョンをベースにしているため、タイトル画面の西暦表記が「1986」(ゼルダ)、「1987」(リンク)からそれぞれ「1986-2004」「1987-2004」へと変更されている。新機能の追加Wiiの機能を生かした新しい機能が追加されている。『レッキングクルー』のデザインモードの作成操作における便利機能、『ポケモンスナップ』での撮った写真をWii伝言板で貼り付ける機能などが該当する。『ファミコンウォーズ』ではWiiリモコンのAボタンを押している間、コンピュータの思考時間や音声を含む全ての動作を早くする「加速モード」が追加された。また弁慶外伝ではメッセージ調整出来るようになっている。画面解像度はアップコンバート処理により640×480(VGA)に引き上げられており、またNEOGEO以外のタイトルはプログレッシブ出力にも対応している。CERO審査バーチャルコンソールでダウンロードできるソフトは、いずれもCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)発足前に発売されたソフトであるが、配信時に全てのソフトが改めて審査を受けている。B区分(12才以上対象)C区分(15才以上対象)D区分(17才以上対象)その他のソフトは全てA区分(全年齢対象)となっており、2009年9月現在Z区分(18才以上のみ対象)や、教育・データベース区分のソフトは配信されていない。ソフトの購入バーチャルコンソールのソフトは全て『Wiiショッピングチャンネル』で購入・ダウンロードする。ソフトを購入し、ダウンロードするまでの流れは次の通り。なお、ソフトを購入し他のWiiへプレゼントするプレゼント機能についてはWiiショッピングチャンネル#プレゼント機能を参照。『Wiiショッピングチャンネル』を起動。「ショッピングへ」を選択。「バーチャルコンソール」を選択。4種類の検索方法(ワード検索、会社別検索など)から購入したいソフトを探し、選択。「購入」を選択(ペアレンタルコントロールを設定している場合は、ここで設定した暗証番号を入力する)。ソフトの保存先(「Wii本体保存メモリ」もしくは「SDカード」)を選択。対応コントローラとそのソフトに関する注意点を確認後、「OK」を選択。購入に必要なWiiポイントとソフトの保存に必要なブロック数を確認した後、「はい」を選択。購入処理が完了し、ダウンロードが開始される(ダウンロードの時間はソフトの容量・接続環境により異なる)。ダウンロード中はマリオ、またはルイージが登場し、拾ったコイン数でダウンロードの進行状況が分かるようになっている[8]。ダウンロード画面は6種類のパターンが用意されている。なおダウンロード画面のパターンの1つに、ダウンロード中にボタンを押すとマリオが反応してファイアボールを投げるものがある。課金(料金体系)バーチャルコンソールの有料ソフト購入の支払いには、Wiiポイントを使用する。ソフトの価格は機種ごとに固定されている訳ではなく、ソフトによって上下する。ファミリーコンピュータ(ディスクシステムも含む)用ソフト:500 - 600 ポイントスーパーファミコン(書き換えのニンテンドウパワーも含む)用ソフト:800 - 1,000 ポイントNINTENDO64(メモリー拡張パック専用ソフトも含む)用ソフト:1,000 - 1,200 ポイントメガドライブ(海外版のGenesisも含む)用ソフト:600 - 700 ポイント(日本国外では800 - 900 ポイント)マスターシステム(互換性を持つセガ・マークIII、ゲームギアも含む)用ソフト:500 - 600 ポイントPCエンジン(PCエンジンスーパーグラフィックス対応および専用、海外版のTurboGrafx-16も含む)用ソフト:600 ポイント CD-ROM押?SUPER CD-ROM押淵◆璽院璽疋?璽病弍?盍泙燹僕僖愁侫函?800 ポイントMSX(MSX2も含む)用ソフト:700 - 800 ポイントNEOGEO用ソフト:900 ポイントバーチャルコンソールアーケード用ソフト:500 - 800ポイント上記の必要Wiiポイントは日本で配信されているタイトルのもので、配信される地域によって多少上下するソフトもある。一度購入手続きを行いダウンロードしたソフトは、削除しても無料で再ダウンロードすることができる。バーチャルコンソールで配信されているソフトの価格は「高い」と指摘されることもある。これは、多くのソフトは中古ショップで上記の価格よりも安く売られていることが理由とされるが、プレミアがついて希望小売価格より高い価格で取引されているソフトもあるので、一概に高いとは言い切れない。また、中古ソフトは不安定な供給や老朽化によるゲーム機本体の確保の困難[9]、将来の動作保証の問題もあるので、単純に価格のみで高い安いを比べることはできない。また、中古ソフトはバッテリーバックアップ用の電池切れを起こしている事も多く、その場合は電池交換をしない限りセーブは不可能であることを考えると、不安要素は取り除かれている。保存先ダウンロードしたソフトは、Wii本体内蔵フラッシュメモリもしくはSDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存する。Wii本体内蔵フラッシュメモリに保存した場合はWiiメニュー、SDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存した場合はSDカードメニューから起動する。なお、SDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存したソフトを他のWii本体で使用することはできない。Wii本体にゲームキューブ用メモリーカードを差し込む事が出来るが、バーチャルコンソールソフトのデータ保存は出来ない。現時点では、購入したソフトおよびWiiショッピングチャンネルのアカウントは、他のWii本体に移行させることはできない(故障した本体の修理・交換対応の場合を除く)。コントローラ使用するコントローラは、各プラットホーム毎に対応・非対応が異なるが、Wiiリモコンヌンチャククラシックコントローラクラシックコントローラ PROゲームキューブコントローラUSBキーボードが使用可能である。いずれもオリジナルのコントローラとは形状が異なるため、当時の操作性が完全に再現されているわけではないが、2008年にスーパーファミコンコントローラの復刻版がクラブニンテンドーの景品として配布されたほか、エクサーからはネオジオコントローラの復刻版が発売されている。復刻コントローラを参照。バーチャルコンソールアーケードでは新たにヌンチャクにも対応したほか、ポインティングや傾き感知といったWiiリモコンおよびヌンチャクの機能を用いてアーケード版に近い(もしくはアーケード版にすらなかった)操作に対応したソフトもある。コントローラ対応表【記号

よっちゃんいか
アルバニア語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化 比較
競馬情報
ライブチャット

大佛次郎論壇賞

大佛次郎論壇賞(おさらぎじろうろんだんしょう)は朝日新聞社主催の賞。概要散文作品を対象とする大佛次郎賞の評論部門として2001年に新設された。日本の政治・経済・社会・文化や国際関係などを扱った優秀な論考を顕彰することを目的にしている。受賞者には賞牌と賞金200万円が与えられる(奨励賞の賞金は100万円)。全体として見て、大佛次郎賞の受賞者よりも若い世代の、新進の研究者が選ばれる傾向がある。受賞作品第1回(2001年度) 大野健一 『途上国のグローバリゼーション』(東洋経済新報社)奨励賞 - 苅谷剛彦 『階層化日本と教育危機』(有信堂)奨励賞 - 小林慶一郎・加藤創太 『日本経済の罠』(日本経済新聞社)特別賞 - ジョン・ダワー 『敗北を抱きしめて』(三浦陽一・高杉忠明・田代泰子訳、岩波書店)第2回(2002年度) 池内恵 『現代アラブの社会思想 終末論とイスラーム主義』(講談社現代新書)第3回(2003年度) 篠田英朗 『平和構築と法の支配』(創文社)小熊英二 『〈民主〉と〈愛国〉』(新曜社)第4回(2004年度) ケネス・ルオフ 『国民の天皇 戦後日本の民主主義と天皇制』(共同通信社)瀧井一博 『文明史のなかの明治憲法 この国のかたちと西洋体験』(講談社)第5回(2005年度) 中島岳志 『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社)第6回(2006年度) 岩下明裕 『北方領土問題』(中公新書)奨励賞 - 本田由紀 『多元化する「能力」と日本社会』(NTT出版)第7回(2007年度) 朴裕河『和解のために』(平凡社)第8回(2008年度) 湯浅誠『反貧困』(岩波書店)第9回(2009年度) 広井良典『コミュニティを問いなおす-つながり・都市・日本社会の未来』(ちくま新書)外部リンク大佛次郎賞・大佛次郎論壇賞について - 朝日新聞社のサイト 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BD%9B%E6%AC%A1%E9%83%8E%E8%AB%96%E5%A3%87%E8%B3%9E」より作成カテゴリ: 朝日新聞社主催の賞 | 日本の文芸評論賞 | 日本のメディア賞 | ジャーナリズムの賞大佛次郎論壇賞(おさらぎじろうろんだんしょう)は朝日新聞社主催の賞。概要散文作品を対象とする大佛次郎賞の評論部門として2001年に新設された。日本の政治・経済・社会・文化や国際関係などを扱った優秀な論考を顕彰することを目的にしている。受賞者には賞牌と賞金200万円が与えられる(奨励賞の賞金は100万円)。全体として見て、大佛次郎賞の受賞者よりも若い世代の、新進の研究者が選ばれる傾向がある。受賞作品第1回(2001年度) 大野健一 『途上国のグローバリゼーション』(東洋経済新報社)奨励賞 - 苅谷剛彦 『階層化日本と教育危機』(有信堂)奨励賞 - 小林慶一郎・加藤創太 『日本経済の罠』(日本経済新聞社)特別賞 - ジョン・ダワー 『敗北を抱きしめて』(三浦陽一・高杉忠明・田代泰子訳、岩波書店)第2回(2002年度) 池内恵 『現代アラブの社会思想 終末論とイスラーム主義』(講談社現代新書)第3回(2003年度) 篠田英朗 『平和構築と法の支配』(創文社)小熊英二 『〈民主〉と〈愛国〉』(新曜社)第4回(2004年度) ケネス・ルオフ 『国民の天皇 戦後日本の民主主義と天皇制』(共同通信社)瀧井一博 『文明史のなかの明治憲法 この国のかたちと西洋体験』(講談社)第5回(2005年度) 中島岳志 『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社)第6回(2006年度) 岩下明裕 『北方領土問題』(中公新書)奨励賞 - 本田由紀 『多元化する「能力」と日本社会』(NTT出版)第7回(2007年度) 朴裕河『和解のために』(平凡社)第8回(2008年度) 湯浅誠『反貧困』(岩波書店)第9回(2009年度) 広井良典『コミュニティを問いなおす-つながり・都市・日本社会の未来』(ちくま新書)外部リンク大佛次郎賞・大佛次郎論壇賞について - 朝日新聞社のサイト 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BD%9B%E6%AC%A1%E9%83%8E%E8%AB%96%E5%A3%87%E8%B3%9E」より作成カテゴリ: 朝日新聞社主催の賞 | 日本の文芸評論賞 | 日本のメディア賞 | ジャーナリズムの賞

ツイッターlivedoor Blog バージョン
マラソンは自分を鍛える
出会いランキング
2ショットチャット
無料携帯ホームページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。